「ほっ」と。キャンペーン

工事の進み具合   

工事開始からもうすぐ2ヶ月が経ちます。

最初の1ヶ月はとにかく壊す、壊す、更に壊す。。。。

と言う感じで、工事の進みも順調でした。

ココ最近はチョットペースが落ちていますが

また明日からシッカリ工事を進めてもらいたいです。

毎日の様に大工さんや材料屋さんの件で頭を悩まし、話し合ったり、もめたり

頻繁に現場に足を運んでチェックを入れたりしてくれている彼には

ホントにホントに感謝です。

今も書斎で、玄関のドアを注文する工場へ見積もりをお願いする作業をしてくれています。

以下、4月17日の状況です。

e0176262_425171.jpg


e0176262_431071.jpg


e0176262_434079.jpg


e0176262_435552.jpg

[PR]

# by hrksgw922 | 2014-05-12 04:04 | Sweet Home Sweet

やっとリフォーム始まりました。   

家を購入した事をスッカリ忘れそうになるくらい月日が経っていました。
あれからもうすぐ9ヶ月です。

今日、遂にこの日が来ました!!
予定期間は4ヶ月。
その他、庭やプールもかなり手を加えないといけません。
秋までに終わったらいいなぁと思っています。

初日。9時に開始と言っていたが
8:15 には仕事を始めていたらしく、なんかイイ感じのスタートです。

彼が到着した頃には かなり壁が剥がれ、古いキッチンと暖炉もアッと言う間に無残な姿に....

キッチン
e0176262_5424683.jpg


1階のWC
e0176262_5433810.jpg


−1階のWC
e0176262_5561644.jpg


リビング。左にある暖炉が破壊されています。
e0176262_5491278.jpg



なんだかワクワクして来ました♪
[PR]

# by hrksgw922 | 2014-03-24 21:29 | Sweet Home Sweet

オリーブの実   

昨年の夏から晩秋にかけて
お庭のオリーブの木に
何十キロものオリーブがなりました。
毎回お家に行く度に地面はオリーブの絨毯状態。
全てほうきでまとめて捨てていました。
何十キロも捨てているうちに
だんだんオリーブが可哀想になりもったいないなぁと思った頃には
時既に遅し。緑のオリーブから黒に変色していました。
個人的にはココ最近黒オリーブの方が好みなので、それでも良し。
でもどうやったらいいの???!!!と思いネットで黒オリーブの保存方法を検索。

e0176262_7253833.jpg

このオリーブの木から一つ一つ手で収穫。

e0176262_7262398.jpg

今回は初めてなので少しだけでトライしてみる事に。

e0176262_7273373.jpg

キレイに洗ってシッカリ乾燥。

e0176262_728165.jpg

タッパーに入れ3、4日間冷凍庫に。

e0176262_7294345.jpg

3、4日経ったら冷凍庫から出して

e0176262_7301192.jpg

大きなトレーに入れて

e0176262_7304010.jpg

たっぷお塩をふりかける。
2、3日置きに混ぜてお塩がまんべんなく行き渡る様にする。

e0176262_7325052.jpg

それを2週間続ける。

e0176262_7354391.jpg

本来なら乾いた布等でお塩をキレイに除去して行くのだけれど、
かなり気の遠くなるお話なのと、ちょっと塩気が強かったので
思いきって水洗い!!

e0176262_7371526.jpg

そしてシッカリ乾かす。

e0176262_738984.jpg

これらをスタンバイ。

e0176262_7393384.jpg

オリーブオイルとハーブを入れてまんべんなく混ぜる。

e0176262_740217.jpg

完成♡

この状態で2−3ヶ月楽しめます。
サラダに入れたり、おつまみにしたり♪
ちょっとドライ過ぎ&塩気が強いけれど
初めてと言う事で多めにみましょう。
今年の夏は大量生産出来るのが今から楽しみ。

お庭で収穫した物をこうやって楽しめるって幸せ。
[PR]

# by hrksgw922 | 2014-01-07 07:45 | お料理

いまだに.....   

工事始まっていません。

最後に暖炉が決まってから 設計士にちゃんとした図面の仕上げをお願いしました。
かなりキツい言い方だけれど『ツカエナイ設計士』です。
彼が良かれと思って出した案やデザイン、全てボツ!!!!
彼にはセンスもエレガンシアも無い上、くだらないミスばっかり そして同じミスを繰り返す!!!!
ただ単に 私達が指示した通りに作製すればいいだけで 何も足したり引いたりする必要ないのに
なんでそんなにもミスが出るかね?!?!?!?!

普通なら設計士の作製した図面をそのまま工事業者に提出し
スムーズに工事開始って行きますよね。
もし私達がコノ図面をそのまま提出して工事が始まったらとんでもない事になっていましたヨ!!!!!

几帳面でシッカリした彼は ダメ設計士から大量の資料を受け取った日、
早速チェックにかかりました。
そして即行出る出る出る出る..........ミスだらけ。
何十ページにも渡る書類や何枚もの図面の全てに目を通してミスを直してくれた彼には
ホントに感謝感謝です。

e0176262_793154.jpg

e0176262_753735.jpg

e0176262_77107.jpg


本当ならもっと早い時点で他の設計士に変えるべきでしたが
知り合いに紹介してもらった事もあり、今更お断りする事も出来ず。
......もう少し耐えます。

この週末は2人でもう一度以下の事を考え直したり確認したりしました。
1 エントランスのデザイン、材料や材質など。
  今ある花壇を残すか残さないか、
  残す場合はタイルを張り替えるか、ウッド調にするか、
  カラーはどうするかetc......
些細な事だけれど、全体との調和を取る為にはこう言う細かな所まで気を使わないとかっこ付きません。

2 WCのデザインと使用するタイルを再確認。
  3つのWCはほぼ決まりました。
  残りはお客様用のWC。イメージは出来ているのでそれに沿った材料や素材が見付かるかどうか......
 ↑こちらは私が担当☆

3 窓ガラスの付け足しや変更があったので見積もり再度やり直してもらいました。
  ※こちらも彼が見積もり全てに目を通したら4、5個のミス発見!!! 
     頼むから皆シッカリ働いてくれ!!!!!!!

4 お家の入り口のドアのデザインと素材選択。

5 ダイニングテーブルのデザイン。
etc.......
  

まだまだ考える事、決める事、買う物は山ほどあります。
彼が訂正した図面や書類を今日、設計士の所へ持って行きました。

頼むから言った通りにチャント仕事して下さい!!!!!
[PR]

# by hrksgw922 | 2013-10-29 07:59 | Sweet Home Sweet

Chimenea -暖炉-   

最後まで悩みに悩んだのが“暖炉”。

最初は、現在ある物をキレイに掃除してちょっぴりリメイクして
中にキャンドルや松ぼっくりを入れて暖炉をデコーレーションとして使おうと考えた事もありました。(実際、郊外にある別荘はこの様に使っています。)

でもやっぱり実際“火”があった方がサブ暖房になるし、雰囲気出るしと言う事で
今ある薪の暖炉を除去し、新しいモダンな暖炉を入れる事にしました。
イメージとしては↓こんな感じ。
e0176262_68043.jpg

e0176262_684892.jpg


この時点ではまだガスを残すかオール電化にするか決まっていなかったので
とりあえずデザインだけ描いてスタンバイ。

そして、セントラルヒーティングを残すと決まってから
ガスの暖炉にするか薪の暖炉にするかとってもとっても悩みました。
お店は3カ所見に行き、実際に業者の方にも来て頂きました。
(その業者の方、とにかく必要ない事までよく喋る人。彼も私もキレる寸前まで来てました。)

私達は、暖炉はあくまでもデコレーション的でお家を温める為ではない、お掃除は最小限にしたい、モダンお洒落は外せない....と言う事で以下の事を踏まえた上で....

ガス暖炉のメリット
①リモコン一つでON-OFF!!
②汚れない
③だから基本お掃除必要なし☆
④お洒落♡

デメリット
①お値段が薪暖炉の倍以上(スペインのお給料:最低賃金約8ヶ月分!!!)
②薪にしかない香りや音が楽しめない

薪暖炉のメリット
①お値段がガス暖炉に比べてエコノミー
②“暖炉〜”って感じで雰囲気が出る

デメリット
①汚れる
②だからお掃除が必要
③ある程度の作業が必要

最終的に“ガス暖炉”に決めました。
チョッピリ雑な絵ですが、こんな感じになります。
e0176262_647675.jpg


これで全て図面が出来上がったので
先日、建築家に配線や配管など細部を書き加えて仕上げてもらう様お願いしました。

今日はタイル屋さんへ行き、“お客様用WC”の床や壁などのアイディア収拾して来ました。
“ゴージャス”or“クールクラシック” どちらの腺で行こうか思案中☆
[PR]

# by hrksgw922 | 2013-10-12 07:22 | Sweet Home Sweet